ASIA CYCLING ACADEMY

ASIA CYCLING ACADEMY スタート!

長年、福島晋一さんと相談していたチームが活動を始めました。

チームはアジア地域の選手で強化して行き最終的にはツールに出られるレベルの選手を作っていくのが目標です。 選手もアジア地域全て日本を始め  募集中です。

なぜアジアか? 今世界のロードレースを見てもっともレベルの高いのは、ヨーロッパでしょう。 世界中の選手が集まり、インターナショナルなチームへ所属しています。しかし アジアの選手はほとんど見ることができません。 日本ではNIPPOがイタリアで活動、選手も何人か走っています。 新城選手、別府選手もプロツアーで走っています。 新城、別府量選手はほとんど単独で選手の道を切り開いてきたといっても過言ではないと思います。

しかしながらほとんどはヨーロッパ、北米出身の選手が多いです。 南米はその地域にすでにレース、チームがありそこで鍛えられた選手がヨーロッパで渡ってきます。

よく日本人は海外では通用しないのかという質問もありますが実際には通用するレベルにあると思います。 ただ率直に言ってレースの中で生活して感じるのはアジアの選手は弱く思われていることです。 人種差別は無いと言いたいですが選手、監督の中にはやはり白人の選手に魅力を感じるのは事実と思います。

言葉、習慣、国間の移動、生活拠点など アジア選手がヨーロッパで活動するにはクリアしないといけない問題もあります。 特に住む場所、は年々滞在が厳しくなっています。

アジアには各国たくさんのレースができていてヨーロッパとは違う文化のレースがあります。 しかしレベルが低いかといえばそうでもなく、ランカウイなどに代表される資金的にも大きくヨーロッパから来た選手でもなかなか勝てないレースもたくさんあります。

アジアサイクリングアカデミーは今までバラバラだったアジアの選手の中で、チャレンジしてみたい選手をまとめて、ヨーロッパへチャレンジしてみようという大きな計画です。

おそらくチャレンジした中で選別が行われ辞めていく選手も多いはずです。 しかしそればヨーロッパでレースをするのと同じことで、三角の頂点にいくまでの過程では避けられないことでもあります。

各国の言葉の違い、習慣の違いを乗り越えてアジア系の選手がヨーロッパで活躍できる姿を見て見たいと思っています。

ACAホームページ https://www.asiacyclingacademy.com/?fbclid=IwAR050cMy_XtMl236O0q_rstQR54y0xnnu3JvlBNbxmepydMx38hMBBU25IY&lang=ja

機材レポート2017

2017年 1年間ボンシャンスに機材提供させていただきました。

国内では到達できない距離や環境の中でどのくらいTE BIKE EQUIPMENT の機材が適応できるか

結果がどうか知ることができました。

以下選手のみなさんのレポートです。

ホイール TEBE CT 33

軽量カーボンチューブラー  前後重量1150G

剛性

1、最初はこのホイールの柔らかさに慣れるのに時間がかかりますが、慣れてしまえばもがけるようになると思います。硬いフレームとの相性は良いですが、柔らかいフレームの場合はもがいた時に力が逃げるため、あまりレースには向いていないでしょう。

また、柔らかいホイールなので、ブレーキのキャリパーを近めにセッティングするとホイールとブレーキシューが干渉してしまいます。チェーンステーのクリアランスがあまりないフレームだと同じように干渉してしまいます。

2、柔らかい

3、かたすぎず柔らかすぎずとても満足しています。

軽さ

1、とても軽く満足しています。

2、凄く軽いので、登りがかなり楽になります。

巡航性能

全員 特に問題はありません。とても気持ち良いです。

ホイールの耐久性

1、スポークに関して: 今シーズンを通して後輪のスポークが2本(8月と10月)に折れました。原因は落車ではなく、走行中にいきなりスポークが切れるケースでした。

2、リムに関して: 春先に集団落車にあい、前方で落車した選手に突っ込んだレースがありました。その一回の落車で前輪が振れてしまいブレーキシューにも触れてしまいました。

→ ですので、僕の希望としては重力は多少重くなっても構いませんが、スポークの本数とリムの強度を上げて欲しいと思っています。

3、全員 ハブについて、今シーズン通して問題なかったです。

デザイン

1、デザイン とても良いと思いますが、洗車を重ねていくとシールが剥がれてきていたので、そこは改善して頂いた方が良いと思います。

2、シールが剥がれる

耐久性はいいとおもう。

COUREUR OPTIMA AL FRAME

剛性

1、柔らかい

2、申し分ありません!助かっています!

3、ちょうど良いです。

操縦性

1、コーナリング安全で問題ない ちょうどいい

2、とてもクイックで使いやすいです!

3、乗りやすく安定していますが、路面の石などを踏んだ時の衝撃が少し強いように感じます。

重量 

1、アルミでは軽いと思う

2、アルミとは思えないほど軽く驚いています!

3、少し重く感じます。

耐久性

1、塗装が剥がれる

2、ダメージには強いと感じました!

3、フレーム自体はかなり優れていると思いますが、エンドの穴が浅すぎるのか、落車した時に 何度か クイックをしっかりしめていても 後輪が外れることがありました。

以上各選手のレポートです。

まとめ

ホイール

今回のチューブラーは軽量に特化したためリム剛性が柔らかくなりヨーロッパのレースでは

ソフトな部類に入った。

日本よりレース全体高速で、パワーがかかるため日本での評価ではちょうどよかった剛性が海外ではもっと硬い方が良いというアドバイスがあった。

ロゴは即席だたっため剥がれが生じた。凝ったロゴよりもシンプルな方が良いかもしれない。

スポーク折れが発生した。小柄な選手は問題なかったが身長が大きい選手は剛性を求めて、同時に重くても硬い車輪を好むことを再認識した。

フレーム

設計は概ね好評でハンドリングも市販車よりクイックであってもその方が良いという意見があった。

レース用、市販用は違ってもいいかもしれない。

硬さについては感じ方の違いか、バラバラであった。

設計時に想定した素材はソフトな方だと思う。

重量

フレーム単体で1100グラムなので、カーボンと比較すると重い。

アルミの中では軽量な部類に入る。

パイプ肉厚、直径の選定段階で剛性を出せたのはよかったと思う。

耐久性

塗装の問題(国内塗装)に難があった。

フレームのクラック、曲がりは発生しなかった。

今後の課題

ホイール

剛性を上げる。チューブラーはトップレース以外は完全に減少傾向なのでクリンチャーに移行する。

スポークをエアロ(サピムCX RAY)にしていたが、横剛性を考慮すると丸の方が強くできる。

折れに関しては穴寸法を適正化することで解消可能と思われる。

フレーム

設計は日本人向けで設計済みのため概ね良好だった。

剛性に関しては重さとの問題もあり素材そのものの選定ではさらなる軽量化と

剛性アップが同時に可能。

現段階では素材生産供給の問題で追加する新素材の型は時期未定。

ブレーキタイプは今後の生産も継続したいところだが、ディスク化の波もあり検討が必要。

#BonneChance #開発 #レポート